仕事アイテムのカテゴリ記事一覧

広島のブロガー@GENKIがお好み焼き、ラーメンやイベントなど広島情報を中心に紹介します。

カテゴリ:仕事アイテム

仕事アイテムのカテゴリ記事一覧。広島のブロガー@GENKIがお好み焼き、ラーメンやイベントなど広島情報を中心に紹介します。

2017-11-19 仕事アイテム
100円ショップのダイソーに行きました。100円ショップで文房具を購入される方は多いと思います。品ぞろえも豊富ですし安いですよね。僕はメモ帳代わりに「付箋」を使っていて、ドンドンメモして終わったら捨てるような感じで使っています。強いて言えば粘着力が弱いのである一定時間使おうと思うと不満が出てくるんですよね。そんな感じで、ルーズリーフも一時期100円ショップのものを使っていたことがありましたが、紙のクオリテ...

記事を読む

2017-10-29 仕事アイテム
今年も残すところ約2ヶ月になってきました。毎年この時期になるという来年の手帳について考えてしまいます。ここ3年はモレスキン(ポケットサイズ)のダイアリー、ルーズリーフ(B5サイズ)のウィークリーダイヤリー、RHODIAの白(No.11)の3種類をセットに使ってきました。元々ルーズリーフのウィークリーダイヤリーのみ使っていました。左ページが1種間のスケジュールで右側がメモを書けるスタイルです。モレスキンのポケット...

記事を読む

2015-11-18 仕事アイテム
昨日の手帳編に引き続き今度はメモ帳編。これはもう今年と同様にRHODIA(ロディア)で決定です。サイズはNo.11で色はホワイトです。手のひらサイズなので持ち運びに便利です。表紙が比較的硬くて立ったままでも書きやすいです。中国製が多い中フランス製というのもいいですね。 オレンジに比べて方眼の色が薄くて書いた文字が読みやすい。 思い切ってドーンと10冊大人買いしました。 ロディアのメモ帳にカバーを付...

記事を読む

2015-11-17 仕事アイテム
今年も残すところ1か月半になりました。そろそろ来年の手帳を準備する時期でお店でもたくさんの手帳が並んでいますし、雑誌等でも紹介されています。昨年のブログ記事で紹介しておりますが、今年は初めてルーズリーフ(見開き1週間タイプ)とMOLESKINE:モレスキン手帳(ポケットサイズ)の2冊体制で挑みました。それと会社で使っているサイボウズのスケジュール機能を使っています。2013年まではルーズリーフだけでした。携帯性の...

記事を読む

2014-12-05 仕事アイテム
職場の電話機の隣にメモ用に置いている「RHODIAのメモ帳」。オレンジ色はNo.12(8.5×12センチ)サイズ。黒色はNo.10(5.2×7.5センチ)サイズです。大きいサイズは通常のメモ用紙として、小さいサイズは書いた手帳に貼り付ける用途で使っています。 楽天市場で購入することが出来ます。↓【メール便対応可】ロディア メモ帳 RHODIAロディア RHODIA ブロックロディアNo.10 極小サイズn...価格:1,944円(税込、送料別)...

記事を読む

2014-06-15 仕事アイテム
100ショップのダイソーでノート(A6ノート カラーレザー風)を購入。実はこれモレスキン風の手帳になります。ダイソーだから通称ダイスキンって呼ばれているそうです。ちゃんと、モレスキンの特徴であるハードな表紙とゴムバンドが付いています。ちなみに左の黒い手帳がモレスキン、右の赤い手帳がダイスキンです。ほとんど同じ仕様なのに価格はモレスキンの18分の1ですから。コスパ抜群です。 ...

記事を読む

2013-11-14 仕事アイテム
この時期になると来年の手帳の準備が気になります。 僕はここ4年はB5サイズのルーズリーフを手帳として利用しています。 それ以前もB5サイズの「見開き1週間」タイプの手帳を使っていたのですが、 ルーズリーフでも同じものがあるのを知りルーズリーフに移行しました。 「見開き1週間」は、開いたときに左ページが1週間の予定、右ページが 罫線のみのノートになっています。 仕事柄スケジュールよりも打ち合わせをした内容をたっぷ...

記事を読む

2013-09-07 仕事アイテム
今から7年前の2006年7月に新しくした仕事用のカバン。ブログを見返すと7年前に購入した記事がすぐに出てくるので便利です(笑)さすがに購入当時の写真と比較すると少しくたびれた感じが出てきておりますが、7年使ってしっかりとしているのでまだまだ現役です。ただ、ちょっと前からファスナーの調子が悪くなっていました。どうしても少し力が加わる場所が傷んできておりましたが壊れてしまったので、購入した広島市にある鞄専門店...

記事を読む

2012-03-13 仕事アイテム
仕事用の手帳はルーズリーフを使っています。100円ショップなどでも売っていますが僕はコクヨのさらさら書けるタイプのルーズリーフがお気に入り。価格は100円ショップのものと比べると2~3倍高いけど、書き心地がいいんですよね。 ...

記事を読む

2006-07-23 仕事アイテム
今、仕事で使っていた鞄の取っ手が壊れたため新しいものを買いました。7年間使いそれを買った当時は何週間も掛けて選びました。今回は鞄が壊れたので時間が無く、4件回って広島市内の「但馬屋」で購入しました。いい鞄があったのに加え、店員さんの知識豊富で対応も良く、壊れたときもこの店で修理が可能だったのでここにしました。僕の鞄に要求することは、①柔らかい形状ではなく、置いたときに立つような固い形状であること、②...

記事を読む

ダイソーのメモ帳とモバイルバッテリーがすごい

100円ショップのダイソーに行きました。
100円ショップで文房具を購入される方は多いと思います。
品ぞろえも豊富ですし安いですよね。
僕はメモ帳代わりに「付箋」を使っていて、ドンドンメモして終わったら捨てるような感じで使っています。
強いて言えば粘着力が弱いのである一定時間使おうと思うと不満が出てくるんですよね。
そんな感じで、ルーズリーフも一時期100円ショップのものを使っていたことがありましたが、紙のクオリティーが低すぎて100円でも使うのをためらうようになってしまいました。

最近は東南アジアの人件費が上がってきているせいか100円ショップでも「日本製」を見かけることが増えました。
日本製だから品質がいいとは限りませんが、このメモ帳の紙はとても100円とは思えれないクオリティーです。

moblog_8fbf7fa1.jpg
一言で言うと、ノーブルノートに使われている紙に非常に近い品質です。
この品質を100円ショップで販売されるとすごいですね。
買ったのは方眼デザインですが、横ライン、無地とあります。
ちなみに同じ紙を使ったノートもありますのでおススメです。

moblog_0dbfda91.jpg
もう一つはモバイルバッテリーです。
さすがに100円ではなく300円の商品です。
バッテリー容量は2,000mAhなので最近のものとしては容量小さめです。
iPhoneに充電してもせいぜい半分程度しか回復しないと思います。
でも価格を考えると十分コスパがいいと思います。

moblog_06b0c00e.jpg
右からiPhone7、真ん中がダイソーのモバイルバッテリー、左が愛用しているエネループのモバイルバッテリーです。
大容量のものも購入したことがありますが、とにかく大きくて重い。
その点このダイソーのバッテリーは程よく細くて軽いので持ち運びに便利そうです。

moblog_5eca4601.png 
 カテゴリ
 タグ

2018年の手帳関係決めました

今年も残すところ約2ヶ月になってきました。
毎年この時期になるという来年の手帳について考えてしまいます。

ここ3年はモレスキン(ポケットサイズ)のダイアリー、ルーズリーフ(B5サイズ)のウィークリーダイヤリー、RHODIAの白(No.11)の3種類をセットに使ってきました。

元々ルーズリーフのウィークリーダイヤリーのみ使っていました。
左ページが1種間のスケジュールで右側がメモを書けるスタイルです。
モレスキンのポケットサイズを使い始めたのは、仕事でもプライベートでも常に持ち歩いて情報を一元管理する必要が出てきたからです。モレスキンを多用するほどルースリーフのスケジュールページを使う頻度が落ちてきて、そうなるとスケジュールが付いていなくてもいいなと思うようになり、今年の夏ごろからは線だけ入った一般的なルーズリーフを使うようにしました。

いろいろ考えた結果、2018年の手帳はモレスキンを止めることにしました。
このサイズといい気に行っていたし、すごく役に立っているのですが、不満点もありました。

不満点としては、
①スケジュールをしっかり記入したい。
②裏写りがある紙質。
③英語表記のためパッと見分かりにくかった。

いろいろ悩み、実物も触りながら決定した2018年用の手帳がこちらです。
左が高橋書店のA6サイズの手帳、右がノーブルのライフノート(A5サイズ)です。

IMG_4269.jpg
まず、高橋書店の「No.215 リシェル」ですがA6サイズでポケットに入れるには厳しいですが、持ち歩きにギリギリ耐えられるサイズだと思います。月間予定と週間予定ですが、こだわったのが週間予定のスタイルで、時間軸が縦のものを探しました。
そして紙質も良くなりました。

IMG_4271.jpg
時間軸が縦になったことで予定が時間単位で分かりやすくなりました。

IMG_4270.jpg
右の茶色のライフのノーブルノートですが、茶色は純正のカバーです。
外すとこんなデザインです。
高級ノートで知られるノーブルノートは、しっかりとした紙質が最大の特徴です。
僕は筆圧が強いので強い紙が好きなんですよね。
方眼スタイルでサイズは通常の大学ノートのB5よりも一回り小さいA5にしました。
しっかり書けるスペースと持ち運びのサイズを考慮した結果です。
このノート100ページあるのでしっかり書き込めます。

moblog_9aa4f041.jpg
純正カバーも購入。
重くなるのは嫌ですが、耐久性UPと見た目により決めました。

moblog_41e667fc.jpg
A5用の下敷きも購入。
IMG_4330.jpg
メモやアイデアを書き込むのはRHODIAのNo.11サイズです。
「食べログ」デザインのカバーを愛用しています。
IMG_4217_2017103000475477a.jpg
もう一つありました、100均のダイソーで購入している名刺サイズの付箋です。
ちょっとしたことを書いて貼り付けて終わったら捨てる。便利です。

IMG_4335.jpg

 カテゴリ
 タグ

2016年のメモ帳どうしよう

昨日の手帳編に引き続き今度はメモ帳編。
これはもう今年と同様にRHODIA(ロディア)で決定です。
サイズはNo.11で色はホワイトです。
手のひらサイズなので持ち運びに便利です。表紙が比較的硬くて立ったままでも書きやすいです。
中国製が多い中フランス製というのもいいですね。

IMG_4956.jpg 
オレンジに比べて方眼の色が薄くて書いた文字が読みやすい。
IMG_4957.jpg 
思い切ってドーンと10冊大人買いしました。
IMG_5757.jpg 
ロディアのメモ帳にカバーを付けて使っています。
IMG_4217.jpg  


 カテゴリ
 タグ

2016年の手帳どうしよう

今年も残すところ1か月半になりました。
そろそろ来年の手帳を準備する時期でお店でもたくさんの手帳が並んでいますし、雑誌等でも紹介されています。

昨年のブログ記事で紹介しておりますが、今年は初めてルーズリーフ(見開き1週間タイプ)とMOLESKINE:モレスキン手帳(ポケットサイズ)の2冊体制で挑みました。それと会社で使っているサイボウズのスケジュール機能を使っています。
2013年まではルーズリーフだけでした。
携帯性の問題からモレスキン手帳を追加し、仕事中はもちろん休日でも必ず持ち歩くようにしました。

2冊体制を振り返ってみてメリットは、
仕事やプライベートのスケジュールを一元管理出来るようになった。
これに尽きます。
デメリットとしてはスケジュールが2冊に分散されてしまった。
2冊ともスケジュール帳なのですが、2016年はスケジュールはモレスキン手帳で行う、ルーズリーフは仕事上の記入に特化することにしようと思います。

今年使っているモレスキンポケットの週間タイプです。
表紙はハードタイプにしました。
さすがに表紙は黒ずんできました。

IMG_5690.jpg 
角は部分的に破れています。
これはソフトカバーでは起きないかもしれません。
まぁ、僕はソフトカバータイプは使ったことがないのではっきりとしたことが分かりませんがどうでしょう!?

IMG_5691.jpg 
モレスキンの特徴の最終ページにあるポケットページ。
ここは破れることなく大活躍でした。
ちなみにメモ用紙や名刺の予備を入れています。
黄色いのは付箋を5枚程度付けています。
付箋を付けることによってモレスキンに書くまでもないようなもの、手渡すメモなどの記入に役立ちます。
いつでもどこでもメモ出来る環境が作れます。

IMG_5692.jpg 
そしてこれが購入した2016年版モレスキン手帳です。
色のバリエーションが増えていましたので紫にしてみました。
もちろんハードカバーです。

IMG_5687.jpg 
裏側はこんな感じ。
IMG_5688.jpg 
今年と同じく「コレクトのB5サイズルーズリーフ ウィークダイアリー」。
あれこれ使った結果このコレクトのものが書き心地も良く気にいっています。

IMG_5756.jpg 
 カテゴリ
 タグ

RHODIAのメモ帳使っています

職場の電話機の隣にメモ用に置いている「RHODIAのメモ帳」。
オレンジ色はNo.12(8.5×12センチ)サイズ。
黒色はNo.10(5.2×7.5センチ)サイズです。
大きいサイズは通常のメモ用紙として、小さいサイズは書いた手帳に
貼り付ける用途で使っています。

moblog_4d8ddcd6.jpg 

楽天市場で購入することが出来ます。


 カテゴリ
 タグ

ダイソー購入品(ダイスキン)

100ショップのダイソーでノート(A6ノート カラーレザー風)を購入。
実はこれモレスキン風の手帳になります。
ダイソーだから通称ダイスキンって呼ばれているそうです。
ちゃんと、モレスキンの特徴であるハードな表紙とゴムバンドが付いています。

ちなみに左の黒い手帳がモレスキン、右の赤い手帳がダイスキンです。
ほとんど同じ仕様なのに価格はモレスキンの18分の1ですから。
コスパ抜群です。

moblog_6c42aead.jpg 
 カテゴリ
 タグ

来年の手帳の準備

この時期になると来年の手帳の準備が気になります。
僕はここ4年はB5サイズのルーズリーフを手帳として利用しています。
それ以前もB5サイズの「見開き1週間」タイプの手帳を使っていたのですが、
ルーズリーフでも同じものがあるのを知りルーズリーフに移行しました。

「見開き1週間」は、開いたときに左ページが1週間の予定、右ページが
罫線のみのノートになっています。
仕事柄スケジュールよりも打ち合わせをした内容をたっぷり書く スペースが
必要なためこの様式が合っています。

昨年と今年はマルマンを使っておりましたが来年用は以前使用していた
コレクトに戻しました。
同じ「見開き1週間」ですが、コレクト製は右ページの上に角をカットする
部分があり、1週間が終わるごとにハサミでカットしていくと、すぐに新しい
ページを開くことが出来るので便利なんです。
細かい点ですがあると便利です。

moblog_463508b2.jpg 
ルーズリーフの利点で色々な書式の紙をセット出来ること。
数枚ずつセットしておいて用途に応じて使い分けています。
コクヨの「さらさら書けるルーズリーフ」、高級ノートLIFEのルーズリーフ、
100円ショップダイソーの無地ルーズリーフを使っています。

moblog_6d4bead8.jpg
 カテゴリ
 タグ

但馬屋でカバンを修理(9月7日)

今から7年前の2006年7月に新しくした仕事用のカバン。
ブログを見返すと7年前に購入した記事がすぐに出てくるので便利です(笑)

さすがに購入当時の写真と比較すると少しくたびれた感じが出てきておりますが、
7年使ってしっかりとしているのでまだまだ現役です。
ただ、ちょっと前からファスナーの調子が悪くなっていました。
どうしても少し力が加わる場所が傷んできておりましたが壊れてしまったので、
購入した広島市にある鞄専門店の但馬屋さんに持っていきました。
moblog_c31d9b9e.jpg 
ファスナーが壊れた部分
moblog_1c290d1d.jpg 
当初、ファスナー全やり変えみたいな感じで依頼したところ、ファスナー1本縫い直すと
1万円近くかかるようです。
2本で2万円・・・。
同じカバンを買い替えるよりは安いけれどちょっと躊躇してしまいました。
その時、御主人の提案がファスナーの壊れた部分を補修すること。
そこから先には動かせなくなり若干不便になりますが十分に使うことが出来ます。
その方法でお願いしました。
moblog_4682f702.jpg 
約1週間で手元に戻ってきました。
補修しながら大事に使うっていいですね。
これからも活躍してくれるでしょう!
moblog_c3db1bb7.jpg
「但馬屋」
広島市中区堀川町6-16
電話082-247-0030
 カテゴリ
 タグ

コクヨのルーズリーフ

仕事用の手帳はルーズリーフを使っています。
100円ショップなどでも売っていますが僕はコクヨのさらさら書けるタイプのルーズリーフがお気に入り。
価格は100円ショップのものと比べると2~3倍高いけど、書き心地がいいんですよね。

13027 
 カテゴリ
 タグ

仕事用の新しい鞄を購入(但馬屋)

今、仕事で使っていた鞄の取っ手が壊れたため新しいものを買いました。
7年間使いそれを買った当時は何週間も掛けて選びました。
今回は鞄が壊れたので時間が無く、4件回って広島市内の「但馬屋」で購入しました。
いい鞄があったのに加え、店員さんの知識豊富で対応も良く、壊れたときもこの店で修理が可能だったのでここにしました。

僕の鞄に要求することは、①柔らかい形状ではなく、置いたときに立つような固い形状であること、②A4サイズがしっかり入ること、③鞄のマジックテープやボタンが使っていないこと、④多少の出張に対応できること、が主なことです。

壊れた鞄は元々ノートパソコンを持ち歩くために買ったものだったので、容量は十分でした。
今回の新しい鞄はA3サイズが十分に入るサイズに大きくなりました。

良い買い物が出来て満足です。

「但馬屋」
広島市中区堀川町6-16
電話082-247-0030

鞄

 カテゴリ
 タグ
None
Copyright © 広島県人GENKIによる広島情報ブログ All Rights Reserved.

テキストや画像等すべての転載転用販売を固く禁じます