千代乃春酒造に訪問

アルコール関係(ビール 日本酒等)

先日、二百数十年の歴史に幕を閉じた東広島市志和町にある「千代乃春酒造」に行ってみました。
このニュースを見たときにすぐにスーパーに行きここの日本酒を買いましたが、それも尽きてしまい、若干残っていると言われる酒を求めて酒蔵に行ってみました。
志和はホタルが飛ぶ川があることでも有名で毎年6月に志和の小学校でホタル祭りが行われています。

突然訪問したにもかかわらず丁寧に対応していただき、酒の話を30分くらいさせてもらいました。
良い酒を飲んでもらう機会・場所の提供って難しいと思う。
店に並んでいる数多いアルコールの一つではなく、それぞれに作り手の思いがありそれを知るというのも重要な要素だと思う。(工業製品的なアルコールもたくさんありますが・・・)
特に日本酒は日本の米作りとは切っても切れない関係だし、生活の一部だったと思う。
ライフスタイルが変わり生活の一部では無くなってしまったかもしれないけど、その土地の味、杜氏さんの気持ちを飲み続けていきたいと思う。
20090429150025.jpg 

20090429150022.jpg 

20090429150019.jpg 

20090429150015.jpg 

千代乃春1 
ホタルの町らしくマンホールには蛍デザインになっています。
志和マンホール 
一升瓶で購入した純米酒。
酒1 

酒2 

酒3 

関連記事
記事タイトルとURLをコピーする
コメント
  • 志賀屋の酒
    2009/06/21 13:12
    寛延二年に志賀屋森格兵衛が創業した、千代乃春の酒も今年で幕を下ろしました。志和には、これで造り酒屋が無くなりました。その酒はすっきり切れも良く、蔵主の真面目な姿勢が良くわかります。金賞・銀賞の受賞歴もあり、創業当時からの母屋も庭の白梅の古木もその歴史の深さを伝えます。旨い酒をありがとう。
  • *naTsu姫*ゎ全く
    2009/05/01 00:23
    呑みませんが日本酒って奥が深ぃィメージがぁります(●^ω^●)♪素敵な時間を過ごされたのですね(>v<)!!
コメント投稿

トラックバック